家族みんなが納得するマイホーム!注文住宅の流れとは

憧れのマイホームは注文住宅

最も理想に近いマイホームが欲しいなら、注文住宅がおすすめです。注文住宅は間取りも仕様も、立地さえも自分で選んで建てることができる最も建て主の意向が反映される物件です。建売住宅に比べ自由度が高い反面、建築を思い立ってから実際に入居するまでの期間も長いのが特徴です。建売住宅の場合には、住み替えを思い立ってから実際に入居するまでに、2ヶ月から半年ほどというケースが多いのですが、注文住宅の場合には建築を思い立ってから入居まで平均1年から2年という長い期間かかっているのです。

失敗のない注文住宅を建築するために事前にすること

注文住宅は入居まで1年間を超える大事業ですが、失敗のない満足の住み替えをするために事前にしっかりと準備をすることが大切です。まず行いたいのがどのようなマイホームに住みたいのかということを家族でしっかりと話し合うことです。理想の住まいの間取り、仕様、設備の一つ一つを実現していくにはコストの壁もありますし、建築基準法など法律の壁もあります。こうした条件の範囲内で譲れないポイントを箇条書きにしておくのが良いでしょう。

注文住宅は依頼先選びが大事!

注文住宅を建てる上で最も大事なことが建築の依頼先選びです。主な依頼先には大手ハウスメーカー、地元の工務店、建設事務所があります。必ず複数の会社からできるだけ同じ建築条件にて相見積もりを取りましょう。その上でそれぞれのメリットを知って、信頼できる依頼先を見つけましょう。信頼できる依頼先と建築契約を結んだら、あとはプロのアイディアに任せて節目節目のチェックをしっかりとすることで、憧れのマイホームを実現することができます。

注文住宅とは、自分の希望を活かした新築の家作りであり、設計士と打合せを行いながら、自分のイメージした家づくりをします。