知っておきたい新築で建てられる住居の種類について

建売りで建設される新築住宅とは

住宅には完成したものを購入する新築住宅があります。戸建住宅の場合には建売り分譲住宅となります。すでに完成した戸建住宅ですが、無駄なく効率良く建てられたものなので、価格が安めとなる利点があります。中には施工に入る前に購入することで、間取りを変更できるようなタイプのものもあります。そして集合住宅で新築と言えばマンションがあります。ほとんどは施工に入る前に購入するので、現物を見ることがありません。パンフレットとモデルルームを見ることで、自分が購入する部屋を想像することになります。また間取り変更や設備の追加ができるのが特徴になります。

オーダーメイドによる新築とは

戸建住宅では、オーダーメイドで建てる新築住宅があります。人気が高いのは、ローコストにより安価で建設できるハウスメーカーによる注文住宅です。様々なコストの削減によって、これまで高いイメージのあった注文住宅を手頃な価格にすることが可能となっています。また、さらにこだわりの強い住宅を建てる場合には、設計事務所で頼むものがあります。フルオーダーとなるために価格はかなり高くなりますが、細部まで満足できる新築住宅を手に入れることができます。

新築住宅の魅力とは?

新築住宅が人気の高い理由は、何と言っても誰も使用していないまっさらな部屋に住めることが挙げられます。設備も新品なので、気分良く使用できるものとなります。もちろん部屋の隅々まで非常に綺麗なので、満足感が高いというわけです。その分、中古住宅よりも価格は高いものとなります。その代わりに、ローンを組む場合には担保価値が高いので、ほとんどすべての購入金額を融資で賄うことが可能となります。頭金を不要とするので、少ない自己資金で購入できます。

船橋市で新築一戸建てを購入する際には、面倒見の良い担当者からアドバイスを受けることがとても効果的です。