一人暮らしを快適に!賃貸物件を見つける際の3つの留意点

希望する条件を予め整理しておくこと

一人暮らしをスタートさせることになったら、どの賃貸物件に決めれば良いのか迷いますよね。インターネットでも様々なタイプの部屋が載っていますが、情報があり過ぎるとどんな点を優先すべきか悩んでしまうかもしれません。迷って決められない、ということを避けるためにも、希望条件は予め整理しておくことをお勧めします。自分が望む条件全てを備えている物件を見つけ出すのは、至難の技です。そのため、まずはこれは外せないという条件を決定しておくと良いでしょう。

住みたいと思うエリアを決定するには

一人暮らしに合うような物件を探すにあたって、最初にどのエリアに住みたいかを検討する必要があります。その際にポイントになるのは、勤務先までにかかる時間や、学校に行くまでにかかる移動時間です。どの程度の範囲内であれば通いやすいのかを考えながら、ある程度エリアを絞ってみましょう。ただし、エリアはなるべく広めに設定しておいた方が良い物件を見つけることにつながります。最初から絶対このエリアでなければダメ、と決めつけないようにしましょう。

家賃の目安はどうやって決めればいい?

物件を見ていく際に、希望条件に沿って選んでいくことになりますが、その際に一番気になるのがその部屋の家賃ですよね。一般的には、家賃の金額は月々のお給料の3分の1が目安になるとされています。とはいえ、この目安は月収が比較的多い方にあてはまるもので、全てのケースにあてはまる訳ではありません。生活費をはじめ、様々なランニングコストがありますから、それらをきちんと計算しておいて、無理ない範囲で支払える家賃を設定しましょう。

帯広の賃貸探しでは、どの業者を選ぶかも大きな分かれ道です。自分が借りたい物件を考えて、その希望を叶えてくれそうな業者を選ぶ必要があります。