主流は持ち家派から住み替え自由な賃貸派へ

持ち家への固定観念が次第に変化

以前は家を持って一人前、という雰囲気がありました。特に地方でその意識が強かったみたいです。娘の結婚相手の住まいが賃貸だったりすると、親御さんはがっかり、なんてよく聞く話でした。地方ではそもそも集合住宅はあまり多くなく、一戸建てが主流だったので、都市部よりなおさらその意識が強かったんでしょうね。けれど、空き家問題がクローズアップされてきた現在、持ち家はいいことずくめでもないことが認識され始めたようです。

住み替えが気軽にできれば避けられたことも

ご近所トラブルのいきさつなどが話題になると、持ち家でなく、賃貸ですぐ引っ越せれば、と思われる事例によく出会います。解決策はそれしかないようなケースに不運にもなってしまったら、それは相手のあることだから誰にでもありうることなのですが、賃貸だったら大助かりでしょう。持ち家だったらおいそれとは動けません。バブルの頃と違って、購入時よりも値上がりしていることなんてあまりないのですから。先のことへの用心の仕方は人それぞれなわけですが・・・。

以前からあえて賃貸派だった人の意見

単身者のマンション購入が流行のようになっていた頃、十分購入できるのに賃貸住まいを続ける人がいました。理由は、いつでも住み替えられる状態じゃないと不安だから、ということでした。現時点で問題なくても、いつ周囲がどうなるかわからないから、というのを聞いて、流行に左右されない、確固とした信念があるんだなあと感心したものです。あれもこれも用心ばかりしていたら何もできない、という考え方もあるでしょうが、一方で、揺るぎない賃貸派という人たちも昔からいたわけです。だんだんそういう人たちが増えてきつつはあるようです。

帯広市の賃貸の契約を考えている場合には、それぞれの生活スタイルに合わせて、契約期間や賃料などの交渉をすることが重要です。